Entries

スポンサーサイト

時間が足りないときこそタイムマネジメント

最近、時間が足りない。といっても、何か特別あくせくしてるわけではないんだけど、総じて感じる。仕事でも大きなプロジェクトを抱えている時や、個人的にも何か大きなイベントがある時には、時間が足りないと感じる。ということを考えれば、9月以降のMBAを目前にしてプレッシャーを感じているのか。はたまた、とにもかくにも次から次へと予定があり、クリアしていかなければならないため、僕のCPU(脳)の処理能力に限界が...

査証取得+α

要するにVISAの取得が完了!!というメールが今日届いた!!なんだかこの一週間でいろいろな話が一気に進んできた感がする。課題図書のようなものが出たり、社内の稟議が通ったり、昨日アコモデーションのオファーが届いたり、今日はVISAの認定に、送別会をしていただける件数もいっぱいいっぱいになり、やっと実感がわいてきた。イマジネーションは豊かだといわれ続けてきたが、いまいちMBAで勉強している自分を想像しきれていな...

為替+送金の問題

画期的!!!こんな裏技があるのかと驚いた。海外送金には、送る銀行の手数料+為替+3~4円+受け取る銀行の手数料によって、多くは6~7千円最低とられる。金額が上がればもっと多くなる。どうにか安く送れないかとググってたところ。すごいサービスを発見!!!手数料が無料で、3円の為替差を取られるだけ。郵便局、三井住友銀行、などの大手は4円/ポンドを取られるのに加えて手数料やら電信料やら取るので、ハッキリ言っ...

「査証」と国境

ボーダレス社会といわれて久しい。経済もモノ・カネの移動が活発化し自由貿易協定(FTA)や関税の撤廃などが促進されている、また文化もインターネットの発達により均質化しつつある。そして犯罪も多様化している。これはまさに国境という概念が薄れつつあるのかの様に思わせるのも事実である。一方で、日本は国境が海上にあるため、比較的「国境」という考え方に疎い。他国では、国境を境に部職衝突や権利争奪戦といった骨肉の争...

英語と米語の違い(リストファイル付)

世界の共通言語と言えば、「英語」。 学校教育における語学は、どの国でも英語が中心である。 少なくともビジネスの世界では、英語が共通語と認識されている。 とはいっても単なる「英語」でいいのだろうか。 英語は、産業革命以降、世界をリードしてきたイギリスが広めた言語だが、 アメリカにわたり、アメリカで育った「アメリカ英語」が世界をゆき廻っている。 とはいっても、実は「イギリス英語」の方が世界中で話されているの...

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。