Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/82-b1ea013c

トラックバック

コメント

[C83] うちも同じです

ご無沙汰してます。
うちのチーム(ロシア・モルドバ・ブルガリア系カナダ・イスラエル・日本)でも状況が全く同じです。
自分がじっくり考えてから話すタイプという個性は尊重してくれますが、そうは行っても勝手に議論があらぬ方向に行くので、自分の結論が出る前に、自分の思考回路に合わせた問題提起をこっちからして、それに沿ってみんなで一緒に考えてもらうように仕向けてます。
うまく行ったり行かなかったりですが。。。
お互い頑張りましょう!

[C85] どうもです。

なかなかコントロールするのは難しいですよね。
僕はどちらかというとみんなよりも話したいタイプなのでファシリテーターには向いてないのかなと感じることが多々あります。
気づくと一人で突っ走っていたりなんかすることもありますが、少しずつみんなの意見を集約しながら、頑張っていきたいなと思います。
ryusaitoさんと同じく、環境とかCSRとビジネスのつながりが僕の興味ある部分なので、情報共有しましょう!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

事件勃発!!!StrategyのためのStrategy

昨日、僕のストラテジーのミーティング中に事件が勃発!
メンバーは
Adrian - イギリス人
Stephen - イギリス人
Abs - イギリス人
Torsten - ドイツ人
Krishna - インド人
Vinith - インド人
Miguel - 日本人(←僕)

の7名。

いつもながらに議論がヒートしていたのだが、ドイツ人のTorstenがきれた。Strategyの授業をここメンバーで1週間闘ってきたのだが、なかなかみんなの意見が集約されない。みんな経験はそれなりにあり、みんな妥協しないところが難しいところ。

昨日は、これまで分析してきたMacro Environment、Scenario、Strategic Customers、Culture、Linkage、Key Strategic Issuesなどに基づいて、ストラテジーのオプションを検討する段階に入ってきた。

通常であれば、ここまでの分析で決めたKey Strategic Issuesにいかに取り組むのかという部分であろうが、僕はどうしてもKey Strategic Issuesが気に入らない。前日に、Feedbackでだめなら取り下げるという条件で受け入れたが、あまりにも抽象的すぎて対象の会社(僕らはプレミアリーグArsenal)に限らずすべてに当てはまってしまう。それなら会社を分析する意味がない。
一方、ドイツ人のTorstenは、Key Strategic Issuesを完全無視。
イギリス人のAdrianは、なぜかプレミアリーグのCompetitivenessに固執。
Stevenは、意外に冷静でファシリテーターだが特にアイデアはなし。
Absは、早く帰りたいため八方美人。
インド人のKrishnaは、主張はいっちょうまえだが考えが浅い。
もう一人のインド人は、じっくり考えて発言するタイプの日本人ぽいかんじで主張なし。

そんな中で、どうにかみんなの意識統一と僕が考える問題点の説明を試みるが、上のような状態。しまいには、Torstenが強行突破しようとしたため、みんなの激論になる。しまいには、彼が顔を真っ赤にし切れて雰囲気がおかしくなる。

はっきりいって、Logicがおかしい。イギリス人も、インド人も、ドイツ人も、考えが浅はかすぎる。
どうしてもうちょっとStrategyの授業の中身を考えないのだろうか。どうしてMacro Environment、Scenarioを検討したのか?Strategic Key Issuesを考えた意味は?何のためにStrategyは立てるの?といったところを考えず、単に与えられた課題をそのものだけを考える。

前後のつながりとか、意義とか、必要性とか、そのあたりが肝なのに。学んでいることを単にこなすだけでは身にならない。どうしてそうなるのか、どうやって現実にあてはめるのか、そのあたりを考えることが重要だと思う。

そう、StrategyのためのStrategyがなければ、意味がないんじゃないかなと感じた1日だった。
でも、議論には議論ぶつける。真っ向勝負。ハンディキャップはあっても、妥協はしない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/82-b1ea013c

トラックバック

コメント

[C83] うちも同じです

ご無沙汰してます。
うちのチーム(ロシア・モルドバ・ブルガリア系カナダ・イスラエル・日本)でも状況が全く同じです。
自分がじっくり考えてから話すタイプという個性は尊重してくれますが、そうは行っても勝手に議論があらぬ方向に行くので、自分の結論が出る前に、自分の思考回路に合わせた問題提起をこっちからして、それに沿ってみんなで一緒に考えてもらうように仕向けてます。
うまく行ったり行かなかったりですが。。。
お互い頑張りましょう!

[C85] どうもです。

なかなかコントロールするのは難しいですよね。
僕はどちらかというとみんなよりも話したいタイプなのでファシリテーターには向いてないのかなと感じることが多々あります。
気づくと一人で突っ走っていたりなんかすることもありますが、少しずつみんなの意見を集約しながら、頑張っていきたいなと思います。
ryusaitoさんと同じく、環境とかCSRとビジネスのつながりが僕の興味ある部分なので、情報共有しましょう!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。