Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/75-79373f73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Beer Game ++ビールゲーム++

文字色
今日本来予定されていたOperational Managementの授業の工場見学が延期?中止?になり、急遽実施されたのが、Beer Game

ビールと何が関係あるのかって言われると、ほとんど何も関係ない。
まぁ、ビール工場の仕組みだとか、ビール瓶の蓋の形と似ているとか、勉強しすぎのMITの学生に刷り込むためだとか、いろいろあるが、何でもいいや。

最初は、ぜんぜん面白くないんだろうなと思っていたが、実際にやってみると非常に面白い。
このゲームの本来の目的は、Supply Chain Managementを学ぶためのゲームで、1960年代のMIT Sloan Business Schoolで作られたものだという。

ルールは、
最低4人でひとつのサプライチェーンを構成し、他のサプライチェーンと競うわけだが、各チームは、Factory(工場)、Wholesaler(一次卸)、Distributor(二次卸)、Retailer(小売)に別れ、できるだけ在庫を減らしつつ、注文の滞納を避けるようにしてサプライチェーンの最適化を図っていく。
在庫1点につき50P、注文の滞納1点につき1£のペナルティがある。

各プレーヤーは、紙にオーダー数を書いて上流のプレーヤーに渡し、上流のプレーヤーは在庫から商品を引き渡す。ただし、在庫が足りない場合は、注文の滞納という形になる。そして工場では、注文に応じて生産量を決める。

ここで各プレーヤーに生じるジレンマは、商品の下流のオーダーと自分の商品の上流へのオーダー(工場の場合は、生産)の間にタイムギャップがあり、オーダーから商品が届くまでに時間がかかるということだ。また、プレーヤー間が話をできないため、下流のオーダーを予測して上流へのオーダーを決めなければならない。


一番よいのは、在庫を減らしつつ下流のオーダーに対応できるようにすることなのだが、成功の鍵は、下流および上流の在庫を遠めに観察し、オーダーを予測することなのだと思う。
僕は工場担当だったのだが、在庫と生産をうまくコントロールできたかな。在庫も滞納も少なく、最後の計算の際には、教授にすごくいい数字だといわれた。
何はともあれ、2時間の授業だったのだが、非常に面白くあっという間に過ぎていってしまった。

そして、実はこのゲームでスタート前に、一人£1を支払って下り、4チーム対抗だったのだが、優勝したためチームで£21になって帰ってきた!!
今回のゲームの学びは、二つ。
  1.サプライチェーンマネジメントは、市場や上下流の予測と、コントロールが重要
    なのだということ。ジレンマやギャップを埋めるための方法論を学ぶことができた。
  2.そしてやっぱり個人主義かつ、自己中心的なインド人などはSystem Dynamicsを
    よく理解できておらず、適当なことをやる。
    これは日本人の得意とする分野なのかなと再度実感。

はてはて、やっぱり机に向かってカリカリと勉強するよりも、よっぽど身につくのが経験だと思うんだよね。

隣のチーム(インド人ばかり)
beergame

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/75-79373f73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。