Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/72-fe4bb872

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Rice Buiness Plan Competition

ビジネススクールで得ることができ、実践で得ることができないこと、ってなんだろう。

じっくり考える時間だろうか。いや、そんな時間は今のところないなぁ。
ただ、これでもかというくらいの情報量が振ってきて、自分の限界を超えることを経験できることはあまり現実的にはないだろう
これは自分の限界を示すラインをひとつ引きなおす作業なのかもしれない。

もうひとつ、自分で自由にビジネスプランを考えて、それに関するフィードバックをもらうという機会はなかなかない。しかも、それがリアルなものであるというのは、非常にまれだと思う。

この間、昨年の卒業生が2名ほど講演に来た。
それは、昨年のRice Business Plan Competitionで非常に優秀な成績を収めて、その後それで起業をした人たちだった。

このビジネスコンペティションは、毎年アメリカのRice Universityという場所で開かれているが、予選?を勝ち抜いた洗練されたビジネスプランだけが参加を許される決勝戦みたいなものだ。

このLancaster MBAからも予選を勝ち抜き、見事にベンチャーキャピタルからの援助を勝ち取ったチームがあり、このコンペティションのメリットや、学びなどについて話してくれた。
前にも書いたがこのMBAに来た理由のひとつに、リアルなプロジェクトを体験することだったため、こういったビジネスプランの構築などに興味があるため、やりたいと思った。

僕も誰かパートナーを探したいと思っていたところ、イギリス人、インド人など数名から声をかけてもらい、申し訳ないがイギリス人と組ませてもらうことにした。というのも、4つの理由があった。
① イギリス人の持つ経験値が非常に大きいこと
② このコンペティションで勝ち抜くにはネイティブが必要
③ 同じチームでやってきて、お互いに気が合うと思っている
④ 心技体にギャップがない


まだまだ、始まったばかりだけど、昼休みの時間を縫って大学内を駆け回り、大学の特許を扱っている教授や、環境センター、技術センターなどの教授のところを回り、協力を取り付ける。
何だか、こういう活動こそ仕事では手に入れられない部分なのかもしれない。自由な発想で自由に活動する。

授業も、加速度的に難易度・スピード、情報量が増してきて、まさにパンク状態だが、このMBAでしか得られないものを追いかける作業は大切にしたいなぁ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/72-fe4bb872

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。