Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/66-10de0e1a

トラックバック

コメント

[C65]

机にかじりついての勉強ばかりと思いきや、文武両道?な感じ。
でも確かにゲームとかで体で実感するのが一番納得しやすいかもね。
私も会社で受けた研修でやったゲームやクイズは、座学より印象も強く残って、身になった気がするなあ。
  • 2008-10-28 22:16
  • mik
  • URL
  • 編集

[C66]

そうなんだよね。
それに、コーチングのすぺちゃリストだし、それを最大限利用するから、聞いているほうも納得しちゃうんだよね。
そして、インハウスコーチって言って、実際に企業でコーチの仕事をしている実務家だったりするから、感覚も研ぎ澄まされているって言うのかな。
経験こそ代えがたい財産だよね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

MBA INDUCTION WEEK

MBAの授業が始まって、もう一ヶ月がたってしまった。
その間、ほとんど更新もできず、ほっぽりっぱなしだったので、ここらでちょっとアップデート。

本当は、今日は中国語の授業があったはずなのだけど、
いつの間にかキャンセルされていて、路頭に迷う?結果に。
あーぁ、せっかく中国語勉強したかったのに・・・。

まぁ気を取り直して、中国人から習うかな。

さてさて、早速MBAの授業がスタートしてからのアップデート

MBA Induction Week

最初に、Coverdale
HP:http://www.coverdale.co.uk/index.php

最初にCoverdaleというマネジメントの脳を作る訓練をするコースを日曜日から受講。
頭で覚えるより体で覚えるタイプの僕にはもってこいの非常に面白い授業だった。

MBAでは、グループワークが多く、1年間を通じて10人程度のグループが割り当てられる。
そのグループにて、効果的にコンセンサスをとったり、課題を解決していく訓練をするのだが、
マネジャーになった際に、価値観の違う人材をいかに使いこなすのかということと直結している。

そして、Syndicate Teamというのだが、そのチームは非常に多様性に富む。
イギリス人、ドイツ人、ナイジェリア人、インド人、日本人、韓国人が混ざり、
みんなが主張するため、なかなかコンセンサスが取れない。

特に、みんなマネジャーになりたい人たちであるため、
自分の国では引っ張り役が多いため、主張を押し通そうとする。
また、日本人と韓国人はそうでもないが、主張しないと何もできない国で育った人たちは、
とにかく主張しまくるため、Caosだ。。。

最初は、10人いるのに、チームでやろうとすると7人分くらいしか時間内にできない。
それを、AIM GRIDPLANNING GRIDと呼ばれるマネジメントツールを使用して、
目的や方法論の共有を図ることで、スムーズに課題をこなせるようにするのだ

最初の課題は、
「外のパーキングにある車をカテゴリーに分類せよ」というものだった。
何もわからずに、適当に収集するメーカー、色、サイズなどを指定して、
みんなが外に飛び出すが、結果は散々。
本当ならば、
-目的(何が求められているのか)を明確にする
-基準を確定する
-範囲を決める
-方法論を議論する
-役割分担を行う

などの作業が必要だった。

こんなことを3日間、朝9時から6時まで続けることで、いろいろなツールを学び、
いろいろな課題をこなし、チームメンバーの理解度や、特技、特徴を理解することができた。

そして、それに基づいてお互いにフィードバックを受ける。
良いことも、悪いこともすべて受け入れて、成長するためだ。
そしてチームとしてのルールを決める。

・Overtalk(上からかぶせて話すこと、インド人に多い)をしない。
・お互いに敬意を払う
・人の意見を聴く
などなど、1年間このチームで、他のチームと戦うため、理解を深め協力することを確認。

こんな作業が永遠と続くのだが、とにかく楽しい。
「体で覚える」、これこそが僕が求めてこのLancasterMBAに来たのだ。


続いて、OUTWARD BOUND(Eskdale) in Eskdale
HP: http://www.outwardbound.org.uk/Professional/Professional.htm +説明

上記Coverdaleで学んだ事柄を、より厳しい実践ステージで磨くのが目的
そして湖水地方へと向かい、1日中アクティビティを行う。
これは僕の得意分野だ。
僕がファシリテートして、引っ張る。
というか、ここでしか貢献できないと思ったからだが・・・。

ここで行った作業は
Bridge the Gap
  内容:飛び飛びにおかれた箱と日本の板を使って向こう岸でわたるゲーム
  課題:板を二つ使って初めて箱と箱がつながるもので、頭を使う
  学習:時間制限がある中でパーフェクトではなく、得点を取るかに集中すべき
      事もあるという事がわかった
A-Zのカードタッチ
  内容:芝生に置かれたA-Zのカードを順番にタッチするゲーム
  課題:速さを競うゲームで、サイクルタスク
  学習:サイクルタスクにはトライ&エラーで昇華させていく事が効果的
スパイダーウェブ
  内容:蜘蛛の巣状のネットに触らずに反対側へ行く
  課題:別々の穴を使い、できるだけ多くのメンバーが通り抜けること
  学習:チームの目標値を決めて、コンセンサスをとることを学ぶ
Board of Director
  内容:3点に分かれ、伝言ゲームのように支持し、あるゲームをする
  課題:トランシーバー(Wakie Talkie)を使って支持し、ゲームを説明
  学習:効率的なコミュニケーションの重要性
ロッククライミング
  内容:その名のとおりロッククライミング
  課題:時間内に何人が頂上に到達できるか、支えも必要
  学習:得意、不得意を認識し、協力しながら得点を稼ぐ
ボックス積み上げ
  内容:ボックス上の3人がバランスをとりながらボックスを積み上げる
  課題:ボックス上の3人のほかに、支え、ボックスのパスなどの課題がある
  学習:役割分担とサポートの重要性
いかだ作りとラフティング?
  内容:ロープ、プラスチックドラム、丸太だけでいかだを作り、湖を渡る
  課題:時間内に11人が乗れるいかだをつくり、協力して湖をわたる
  学習:みんなが犠牲を払い、特技を生かした戦略作り
パズルクイズ
  内容:10枚くらいのクイズに答え、実行し、パズルのピースを集める
  課題:半端ない量のクイズと課題を分担し、ミッションを実行する
  学習:特技にあわせた役割分担と、協力の重要性
ナイトライン(Night Line)
  内容:目隠しをしながら、山の中をロープだけを頼りに渡り歩く
  課題:様々な障害(岩の穴を這うなど)を、クリヤし目標地点へ
  学習:みんなで励ましあい、目標が見えなくても目的地へ到達する手段を学習


こんな9項目だが、結果うちらのチームは全体7チーム中の2位を確保する。
これまた頭だけでなく、体で覚えるMBAの特徴的な授業なのだ。
まぁ、その後は頭ばかり使っているが・・・。

と、まぁ体を酷使する実践的な課題を終えた直後には、もちろん早速Essayがあり頭を悩ませたわけだが、非常に中身の濃い、最高のスタートが切れたと思う。

また、Lancaster MBAの良いところは、すべてがオーガナイズされており、学習の順番や内容、そして方法にも、はっきりとした意図を感じ取れるところだ
ほかのMBAの話を聴けば、授業がいきなり始まっているところが多く、チームビルンディングや、MBAの本当の価値を教えることにあまり時間が割かれていない印象だ。

改めて、ここでよかったなと思うわけだが、4週間が過ぎて、めちゃくちゃな量の授業と課題に引きつっている。
これを乗り越えれば、きっともっと大きな波も乗り越えられる気がする。

中途半端からの脱却のステップがスタートした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/66-10de0e1a

トラックバック

コメント

[C65]

机にかじりついての勉強ばかりと思いきや、文武両道?な感じ。
でも確かにゲームとかで体で実感するのが一番納得しやすいかもね。
私も会社で受けた研修でやったゲームやクイズは、座学より印象も強く残って、身になった気がするなあ。
  • 2008-10-28 22:16
  • mik
  • URL
  • 編集

[C66]

そうなんだよね。
それに、コーチングのすぺちゃリストだし、それを最大限利用するから、聞いているほうも納得しちゃうんだよね。
そして、インハウスコーチって言って、実際に企業でコーチの仕事をしている実務家だったりするから、感覚も研ぎ澄まされているって言うのかな。
経験こそ代えがたい財産だよね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。