Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/47-f75c6962

トラックバック

コメント

[C45]

英語と米語、スペルや名称の違いもそうだし、あとは同じ名詞でも米語ではこういう意味があるけど英語にはないだとか、、、
文法も本当はいろいろ違うらしいよね。関係代名詞の使い方とか。

この間大前研一さんの英文を読みました。文法は正しいんだろうけどどことなくネイティブと違っていて、読みながら何箇所かつっかかりました。
典型的な日本人英語ともまた違っていたけれど、あれは英語・米語ともまた別で、学習した英語なんだろうね。
英語は使う人が多いだけに、バリエーションが本当に多そう。
  • 2008-08-11 20:06
  • mik
  • URL
  • 編集

[C47] >mik

コメントありがとー。

シェイクスピアの劇だったかな。
言葉だけでどこの出身かわかってしまうっていうのがあったと思うんだよね。それだけ、言葉にはいろいろあって、日本語もそうだけどそれこそ言葉なんじゃないかなって思う。

英語も米語も、それ以外の英語も間違えっていうのはなくて、単なる「違い」とか「個性」なんだよね。
大前研一さんのも読み方で、気づくことが違うんだろうね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

英語と米語の違い(リストファイル付)

世界の共通言語と言えば、「英語」
学校教育における語学は、どの国でも英語が中心である。

少なくともビジネスの世界では、英語が共通語と認識されている。
とはいっても単なる「英語」でいいのだろうか。

英語は、産業革命以降、世界をリードしてきたイギリスが広めた言語だが、
アメリカにわたり、アメリカで育った「アメリカ英語」が世界をゆき廻っている。
とはいっても、実は「イギリス英語」の方が世界中で話されているのも事実だ。

旧宗主国であるため、旧大英帝国の領土だった国家では、イギリス英語が主流である。
オーストラリア、ニュージーランド、インド、マレーシア、南アフリカなどなど、例をあげれば枚挙に暇がない。そして、EU圏内でもやはり英語と言えばイギリス英語だ。
バックパックの旅をしていた時も、気づくとやはりイギリス英語が話されていたり使われていた。
といっても、現在アメリカの影響力は大きく、どちらも混ざってしまっているのも確か
まぁ、イギリス英語も何百とあるのだが…。クイーンズが有名なのかなUK英語とUS英語


だが、オフィシャルな文章では、しっかりと区別が必要である。
そのためにも、これまで僕がイギリス英語に出会って以来、貯めてきたリストをまとめなおして、MBAに備えたいという考えもあり、リストを作ったわけだ。

イギリス英語に興味のある人、イギリスに留学したい人など、見てもらいたい。
ただし、これは個人的にためてきたものであり、必ず正しいということを保証するものでもないため、自己責任でご覧ください。

UK英語とUS英語の違いリスト(WORD)
UK英語とUS英語の違いリスト(PDF)
 ※WORDファイルとPDFファイルを用意しました。ダウンロードしてご覧ください。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/47-f75c6962

トラックバック

コメント

[C45]

英語と米語、スペルや名称の違いもそうだし、あとは同じ名詞でも米語ではこういう意味があるけど英語にはないだとか、、、
文法も本当はいろいろ違うらしいよね。関係代名詞の使い方とか。

この間大前研一さんの英文を読みました。文法は正しいんだろうけどどことなくネイティブと違っていて、読みながら何箇所かつっかかりました。
典型的な日本人英語ともまた違っていたけれど、あれは英語・米語ともまた別で、学習した英語なんだろうね。
英語は使う人が多いだけに、バリエーションが本当に多そう。
  • 2008-08-11 20:06
  • mik
  • URL
  • 編集

[C47] >mik

コメントありがとー。

シェイクスピアの劇だったかな。
言葉だけでどこの出身かわかってしまうっていうのがあったと思うんだよね。それだけ、言葉にはいろいろあって、日本語もそうだけどそれこそ言葉なんじゃないかなって思う。

英語も米語も、それ以外の英語も間違えっていうのはなくて、単なる「違い」とか「個性」なんだよね。
大前研一さんのも読み方で、気づくことが違うんだろうね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。