Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/15-41e6796f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「人の心をお金で買う」

6月1日の投稿に引き続き、経営共創基盤株式会社CEO(元産業再生機構COO)冨山氏の話だが、リーダーシップとは何かという話になった。そこで出たのが、今日の題名にある、某IT会社元社長だったあの人の「人の心はお金で買える」発言だった。お金の影響力により人の心を買い、リーダーになることができると考えていたのだろう。
しかし、富山氏の考えは、これとは全く正反対だった。「人の心は心で奪う」。本当のリーダーシップというのは、「お金と権力なくして、どれだけ影響力を与えられるかだ」という。確かにその通りだ。
お金や権力は、それがなくなったとたんに、その影響力を行使できなくなり、離れていく。でも、心で手にした心は、感嘆には離れていかない。実際に、経済的な面から見ても、もっとも効率がよく、もっとも易く、もっとも安定した心の買い方だという。

お金が持つ影響力というのは、どんどんと大きくなっている時代にあって、お金に頼ってしまう人間というのはなんと弱い生き物なのだろう。
この間読んだ本に、16世紀のオランダの人文学者エラスムスの言葉が載っていた。『感情と理性の間に存在する対立関係は、感情的な脳と理知的な脳の力関係による。その力関係は24:1』なのだという。
感情が理性を打ち負かしてしまう状況が何度となく人間にはやってくる。そんなときに人間の弱さが現れてくるのではないのかなと感じた。だからこそ信じるべきもの、根底に頼るべきものを持っていることが強いのだろう。

リーダーシップとは、天性のものであるような気もすることもある。しかし、その才能がないからといって、お金で人の心を買おうとする人間の性が少しもどかしい。あらゆる生活の面で、自分から情報を発信し、いかに他人を惹きつけるか。これがこれからの僕の課題だろうか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/15-41e6796f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。