Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/13-809a822d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「KY結構、むしろAKY」

KY(空気読めない)という言葉が流行ってだいぶ経つ。
協調性に掛けたり、場違いなことをしたり、聞いたり。日本的に表現すると和を乱すことを表していたのだろうか。でも、なんだか納得できない部分を感じていた。

昨日、元産業再生機構のCOO、富山和彦氏の話を聞く機会があった。
「MBA友の会」主催の今年度留学生の壮行会での特別講演だった。
テレビなどで見ていた方だったため、もっと硬いイメージがあったが、非常にユーモアに富んだ話で、すんなりと自分の中に入ってくるのが分かった。そして、何よりも実際の事例や過去の経験を含む説得力のある話に飲み込まれた。

そこで、富山氏が述べたのが今日の題にある「KYでいい、AKYになれ」だった。
Q&Aセッションで、「日本人のプレゼンスが経済界において、政治において落ちているという現状の中で、足りない部分を何だと思うか」と問われたときのことだった。
KY(空気読めない)という言葉があるが、海外ではそんなに珍しいことではない。『えぇ、そんなこときくの?』『今ここでそんな事いう?』というようなことを平然と言う。さらには、それをきいてみんな心で拍手喝采をしている。
日本人は、空気を読むことが美しいことと捕らえているが、それではブレイクスルーできないのだという。協調性とか和とか、日本的で美しいものかもしれないが、それでは周りの反応を気にしすぎたり、周りと同じことしかできない。それでは駄目になっていく。
「ならば、AKY(あえて空気読まない)がいい」。「自分を存分に表現して、周りを気にし過ぎない。30代までは失敗してもいい、経験値を上げろ」というのだ。
この話を聞いて、今まで感じていたもやもや感が吹っ飛んだ気がした。

まぁ、個人的にもKYな部分を自覚しているからなのか、これまでほんとにこれでいいのか?と感じていた部分があった。でも、停滞した状況を打開したり、何か新しい事を実行したりするには、「あえて空気を読まない」ことが力になるのだと思った。

これから、益々KYになったら、皆さんごめんなさい。温かく見守ってください(笑)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://alfa2omega.blog95.fc2.com/tb.php/13-809a822d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みげる

Author:みげる
なんにでも興味があり、なんにでも中途半端。
でも、そんな日常からの脱却を目指し、LancasterMBAで奮闘する社会人が、究極のジェネラリストを目指す日々の徒然なる日記。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。